スタッフの声

STAFF VOICE

message
新入職員へのメッセージ

新入職員へのメッセージ

message

富永病院リハビリテーション部部長
理学療法士 32年目

濵本 学

clover01
濵本 学
富永病院は、超早期・急性期から回復期、さらに介護保険分野までを有しています。特に中枢神経疾患のリハビリテーションについて幅広く、深く経験できる環境にあります。
その中で私たちは、様々な職種と密に連携し、互いの意見を統合しながら、最良の答えを創り出す過程を大切にしています。
そして患者さんの5年先、10年先の生活を考え、その後の人生をサポートできるよう、最善のサービス、環境を提供できるよう努めています。
皆さんとともに学び、ともに成長し続ける事を望んでいます。
濵本 学
求める人物像
check01
中枢神経系疾患リハビリテーションに興味があり、各病期において幅広く経験を積みたい方
check01
コミュニケーションを大切にする方
check01
明朗、溌剌で健康な方
谷口 愛美

富永病院リハビリテーション部
理学療法士 4年目

谷口 愛美

clover01
message
谷口 愛美
富永病院リハビリテーション部には100名ほどのセラピストが在籍しているのですが、経験年数の長い人から去年入職の人までいろいろな人がいます。
リハビリ方法も一つではないですし、個々の知識やスキルを共有してもらえる環境はとってもありがたいなと思います。
interview
新入さんにインタビュー

新人さんにインタビュー

脳血管障害のセラピーに興味を持って入職した新人さんに
当院リハビリテーション部について聞いてみました
新人さん集合写真 SP
Q1所属するセクションの特徴
Q2入職して学んだこと
Q3富永病院リハビリテーション部の雰囲気
Q4未来の後輩へのメッセージ
新人さん集合写真
末永 幸子
脳卒中ケアユニット(SCU)配属 
作業療法士
末永 幸子
大阪河﨑リハビリテーション大学卒
Q1所属するセクションの特徴
SCUは脳卒中に特化した病棟です。急変リスクが高い患者さんも多く、リスク管理を徹底して行います。 SCU病棟の入院期間上限の2週間でどれだけ回復して、ADLを獲得できるのか毎日予後予測を考えながら介入します。 責任の大きいセクションではありますが、とてもやりがいがあってたくさん勉強できるセクションです。
Q2入職して学んだこと
社会人、医療人としての行動という基礎的なところから、患者さんの評価、治療、予後予測など作業療法士として必要なことを丁寧に指導していただきました。 私もまだまだ不足点がありますが、日々勉強させていただきとても感謝しています。
Q3富永病院リハビリテーション部の雰囲気
とても活気のある職場です。知識豊富な先輩方が多くおられるので分からないことはすぐに聞き、丁寧に教えていただけるのでとてもためになります。 しっかり勉強できる体制が整い、優しい先輩方が多く過ごしやすい職場です。
Q4未来の後輩へのメッセージ
当院はセラピストとして、社会人・医療人として多くの貴重な経験を通して必ず成長できる病院です。私たちと一緒に当院で一人前のセラピストを目指しましょう!
clover03
森野 結衣
急性期病棟配属 作業療法士
森野 結衣
兵庫医療大学卒
Q1所属するセクションの特徴
急性期では、患者さんの状態が回復する過程を身近で見ることができます。 1人の患者さんをリハビリする期間は回復期よりは短くなりますが、その期間で自分ができることは何かを考えることが出来、患者さんと向き合うことができると思います。 また急性期セクションでは、脳神経外科だけでなく脳神経内科、整形外科の患者さんなど様々な疾患を勉強できます。
Q2入職して学んだこと
いろいろな疾患の患者さんがいるので、様々な分野の勉強ができ、実習では学べなかったことも多くあります。 また、社会人としての基礎も指導してくださるのでとても有難い環境ではあると思います。
Q3富永病院リハビリテーション部の雰囲気
OT同士とても仲が良く、新人の私にもとても優しい先輩方が多いです。他職種の先輩方も優しい方ばかりでPT、OT、STの連携も取りやすい環境だと思います。
Q4未来の後輩へのメッセージ
脳外科のOTをしたい方ならもちろんのことですが、色んな疾患の患者さんも見れるし先輩方も優しく丁寧に教えてくださるので、やりがいがあります。一緒に頑張りましょう!
clover03
平野 圭紀
回復期リハビリテーション病棟配属 
理学療法士
平野 圭紀
大阪行岡医療大学卒
Q1所属するセクションの特徴
バイタルも安定してきて積極的なリハビリができる。
患者さんと長く関わることができる。
退院後の生活を見据えたリハビリができる。
個人で困っていることや分からないことがあればセクション全員で考える環境がある。
Q2入職して学んだこと
臨床に出て、治療内容、書類業務など分からないことばかりでした。 しかし、富永病院では、スーパーバイザーだけでなく、リハビリテーション部全体での新人教育体制が整っており、新人でも報連相しやすい環境です。 社会人1年目で不安なこともあるとは思いますが、その不安を理解し、全体で支え合うことのできる病院であると感じています。
Q3富永病院リハビリテーション部の雰囲気
チームとして、目的を共有し、介入していくことの重要性を学びました。
Q4未来の後輩へのメッセージ
セラピストの人数が多く、頻繁に勉強会が開催されているため、意見交換することで考え方の幅を広げることができます。このお互いを高め合える環境の中で、共に成長していきましょう。
clover03
吉川 明子
通所リハ・訪問リハ分野配属 
言語聴覚士
吉川 明子
関西学研医療福祉専門学校卒
Q1所属するセクションの特徴
1回の介入時間は短いですが、長期的なスパンで利用者様との関係を築くことができ、 通所リハビリ、デイサービス、自宅での訪問リハビリなど退院後、自宅に戻られた方々に様々な場で関わることができます。 また、ケアマネージャー、ご家族、その他各スタッフなど、利用者様に関わる多くの人たちと利用者様のよりよい生活に向けて密にコミュニケーションを図ることができます。
Q2入職して学んだこと
何より連携の大切さを学びました。どんな仕事においても報連相は大切ですが、特に医療・介護福祉現場では非常に重要なことだと日々感じています。
Q3富永病院リハビリテーション部の雰囲気
人当たりが良く、穏やか、和やかなスタッフが多い職場で、リハビリ室はいつも利用者様とのやり取りでにぎわっています。 リハビリテーション部全体は勉強熱心なイメージで若いスタッフも多い一方でベテランスタッフも多くとてもエネルギッシュです。
Q4未来の後輩へのメッセージ
確かに言えることは、思っている以上の経験をたくさんさせて頂けるフィールドであることです。 スーパーバイザー制度もあり、困ったときには相談できる人も身近にいるので、入職後チャレンジさせてもらえる機会が多くあります。 富永病院に興味を持って頂けたなら、ぜひエントリーを!皆様と一緒に働ける日を楽しみにしております。
clover03
interview
新入さんにインタビュー

産休明けスタッフインタビュー

clover04
田渕 晃子
田渕 晃子
言語聴覚士 13年目
これまでに2度、産休・育休制度を利用させていただき、その後復帰し継続して働かせてもらっています。
ワークライフバランスや子どもの急な体調不良など、仕事を続ける上での不安やジレンマもたくさんありました。
特に1人目出産後の復帰の際は、頻繁に子どもが熱をだしていたので、働き続けることの大変さを痛感し悩むことも多い日々でした。 しかし、子育てに対しての理解もあり、スタッフの人数が多いため、同職種だけなく、多職種も含めてフォローしていただき、みなさんに助けてもらいながら働き続けることができました。 また、育児時短制度の利用も可能であり、それぞれのライフスタイルに合わせて時短勤務の選択ができます。 私は1人目出産後は1時間時短、2人目出産後は2時間時短と、子育てとのバランスを調整しながら利用させて頂いています。
他にも、子どもの体調不良時の看護休暇利用や院内保育所も整備されており、ワーキングマザーにはありがたい支援体制が整っていると思います。